開店祝いの花

https://www.alon-alon.org/column/detail37.html

知人や取引先の開店祝いにおしゃれな花を贈りたいけど、花の種類や金額、送るタイミングなどはどうすればいいの?

ちょっと間違えると失礼にあたることもあるから誰にどれくらいの花を贈るのかしっかりと考える必要があります。

このページでは開店祝いに送るおしゃれな花を種類別、業種別、送る相手との関係別などに分けて紹介しています。

これから開店祝いの花選びをしようと考えている方は是非一度ご覧ください♪

開店祝いに贈る予算や相場はいくらくらい?

開店祝いの全てのケースでの相場で考えると5,000円〜100,000円ほどと幅広くなりますが、重要なのは”贈り先との親密さ”です。

あまり親密ではない相手に50,000円の花を送っても相手に気を使わせてしまい、逆に親密な相手に5,000円の花では関係が崩れるリスクもあるので、親密さと金額の折り合いを付ける事は非常に大切です。
あくまで一例ですが開店祝いに花を贈る送り先との関係性と花の相場がこちら。

関係性相場
取引先10,000円~50,000円
特に親密な取引際には上限として50,000円ほどが目安
友人5,000円~10,000円
家族両親から子どもへ
50,000円~100,000円程度子どもから両親へ
30,000円~50,000円程度兄弟同士
30,000円程度
親戚10,000円~30,000円程度
親戚の場合は親等の近さにもよりますが、従兄弟などの近い間柄でも10,000円〜30,000円ほどを上限とするのが良い

開店祝いにの花にはどんなタイプがあるの?

スタンド花

スタンド花

https://blossom4187.jp/?pid=54619372

”祝・開店 ○○株式会社”のように書いて、お店の前に大きなお花が立ててあるのを見かけたことはあると思います。

スタンド花は見た目の豪華さ、存在感、宣伝効果、どれを取っても優れたギフトであると言えるでしょう。

やはりお店の前に大きなスタンド花があると、通り掛けに気になるものですし、試しに入ってみたくもなりますよね。

スタンド花の魅力はお店の宣伝効果や存在感、華やかさだけではなく、贈り主様にとっても宣伝効果を生む事もメリットなので開店祝いに送られることも多いのが特徴です。

特に贈り主様がお店や会社を運営している、もしくはアーティスト活動などをされている場合、スタンド花への記名は大きな意味を持つというわけですね。

お店の前だけではなく、パーティーやライブ会場などの屋内に飾る事も可能で、好きなアーティストのイベントで、アーティストと親交のある有名人からのスタンド花を見かけたという人も多いでしょう。

飲食店、アパレル系店舗、イベント会場、それぞれに適したデザインをオーダーする事も可能なので、お花だけではなく風船やパネル、特殊なスタンドなどを駆使したオリジナルのスタンド花は贈る先に喜ばれる事間違いありません。

生花・花束・フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

https://www.flower-ivy.com/open.shtml

開店・開業のお祝いとして、シンプルで喜ばれるのは生花の花束ですね。

業務的な贈り物というよりは、普段から交友関係にある場合の贈り物として活用するのが良いかと思います。

誕生日や記念日、歓送迎などの”対個人”に対して贈るケースの多いものなので、贈る相手を引き立てる効果もあると言えますね。

現在は陶器やカゴ、花瓶などに数々の生花がデザインされたフラワーアレンジメントの贈り物もポピュラーで、贈り先に花瓶などが無い場合や、開店時などの多忙な際にもそのまま飾る事が出来ますので喜ばれる事でしょう。

フラワーアレンジメントと似た種類で、予めデザインをされているブリザーブドフラワーもありますが、こちらは花が傷まないように加工が施されているものですので、「祝い事は生花でないと」と考える場合にはフラワーアレンジメントや生花の花束を選択するべきですね。

しかし、飲食店や介護施設、クリニックなどでは生花のように香りが強い事、花粉が出る事が迷惑になってしまう事も考えられます。

ブーケ

スタンドブーケ

https://www.pinterest.jp/pin/433964114083609402/

生花の花束やフラワーアレンジメントをカジュアルかつコンパクトにしたのが”ブーケ”です。

結婚式で花嫁が投げる事で有名ですが、カジュアルにお祝いの気持ちを表す事が出来る意味で効果的です。

ブーケというと小さい花束のみの物を想像するかと思いますが、最近では小さい容器に入っているものなども存在し、フラワーアレンジメントのようにそのまま飾る事も可能です。

花束のみだと花瓶の有無を考える必要もあるため、開店祝いで贈る場合は容器がある花を選びましょう。

生花で作られているため日持ちはせず、長くても1週間程で枯れてしまいます。

ブリザーブドフラワー

ブリザードフラワー

https://www.hanadonya.com/magazine/hanarecipe/preserved/2519.html

ブリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工をする事で、傷まずに半永久的に状態を保てるものです。

そのため、記念品としていつまでも残る事、水やりや花瓶に移し替える作業を必要としない事がメリットと言えるでしょう。

花粉な飛ばず、香りなどもしない事から、クリニックや飲食店など清潔さを優先する場所へのお祝いに向いています。

花の種類や容器によって多種多様なデザインがあり、オーダーなども出来ますので、贈り先にピッタリの逸品を贈るという事も可能です。

しかし「お祝い事は生花じゃないと…」という考え方もあるので、贈る相手の好みや趣向を知らない場合には、生花のアレンジメントなどにしておいた方が無難であるとも言えます。

観葉植物

観葉植物

https://www.biz-hana.com/shop/flower/plant/arrangement/item_789.html

開店祝いの時だけではなく、その後のおしゃれなインテリアとしても使えるのが観葉植物です。

花ほどではないですが種類も豊富にあり、手入れをあまり必要としないものの方が好まれる傾向にあります。

”金のなる木”などのように縁起の良いものも多く、緑は癒しの色でもあるため、お店のインテリアだけでなく、贈った相手や従業員などの気分にも作用します。

観葉植物が持つ効果としてリラックス効果やストレスの軽減、室内の温熱環境調節作用、空気清浄効果などがあるとされており、仕事の能率アップにも繋がると言えるでしょう。

贈る際は、鉢植えを置くスペースがあるかどうか、植物が好きかどうかなどを予め贈る相手に確認しておく事が大切です。

開店祝いの花で胡蝶蘭が最もおすすめされている理由

胡蝶蘭

https://ran-station.com/blog/detail.php?id=24

開店祝い用の花の代表格といえば胡蝶蘭(こちょうらん)ですが、開店祝い用の花として選ばれる事には理由があります。

まず、胡蝶蘭の花言葉には”幸福が飛んでくる”というものがあり、西洋での花言葉には”ラグジュアリー(luxury、高級感)”などといった、お店を営業するにあたって縁起の良い花言葉を持っているんですね。

特に鉢植えの胡蝶蘭がお祝いには最良とされているのですが、なぜかというと鉢植えは”根を下ろす”という意味を持っており、”その場所に長く根付くお店(会社)”という縁起の良さがあるんです。

さらに胡蝶蘭の性質として”花粉の少なさ・香りの少なさ”も特筆すべき点で、先述したような飲食店やクリニックなどの清潔さが優先される場所にも贈る事が可能なんですね。

つまり胡蝶蘭はどんなお店(会社)にでも開店祝いとして贈る事が出来るため、お祝い用の花として広く知られているというわけです。

 

また、胡蝶蘭は少ない水やりと室内の温度調整のみで1ヵ月〜3ヶ月ほども花を楽しめるという丈夫さも喜ばれるポイントと言えるでしょう。

ネックになるのは価格で、花が大きく見栄えの良い胡蝶蘭の鉢植えは高額です。

胡蝶蘭の鉢植えは開店祝い用のお花として一番人気があるので、安価な胡蝶蘭の鉢植えを選んでしまうと周りから大きく見劣りしてしまうというリスクもあります。

開店祝いの予算が少ない場合は胡蝶蘭ではなく、観葉植物や生花などの見栄えが良いものを選ぶようにしましょう。

胡蝶蘭はどこのお店で買っても同じと思われることも多いのですが、お店の仕入先や産地によって花の数が少なかったり、花が小ぶりだったりする場合があります。

価格も仲介業者が複数入ることでお店により価格帯もバラバラでどこで買えばいいのかわかりにくいことも。

「じゃあどんなお店で胡蝶蘭をお選べば失敗しないの?」というあなたにオススメ出来るお店が胡蝶蘭販売老舗の「PREMIER GARDEN」

「PREMIER GARDEN」は個人だけでなく法人開業祝いや政財関係、芸能関係と幅広い業界に胡蝶蘭を販売している実績をもっています。

絶対に喜んでもらいたい開店祝いの花選びをしたい方にはチェックしておきましょう。

開店祝いの花を贈るなら業界別で何がおすすめ?

美容室

美容室はスペースがあるように見えますが、意外と植物を置く場所などは限られます。

さらにスタイリッシュな空間などを重視する方も多いため、美容室の開店祝いでは胡蝶蘭の鉢植え、もしくは観葉植物が良いでしょう。

幸福の木(パキラ)などのように、縁起も良く、見た目にもオシャレなものも良いでしょう。

 

飲食店(レストラン)

お店の色合いや雰囲気に合わせ、香りが強くない花を組み合わせたフラワーアレンジメントを贈るのがおすすめです。

飲食店への贈答用に組み合わせてくれるショップなどもありますので、そういったサービスも活用しましょう。

特に内装などを知らないという場合は、胡蝶蘭の鉢植えなども良いでしょう。

カジュアルなレストランの場合は観葉植物も好まれる場合がありますので、雰囲気や贈り先の人柄などに合わせることが大切です。

 

飲食店(居酒屋)

レストランとは違って”和”の雰囲気が大切になるのが居酒屋です。

胡蝶蘭の鉢植え

http://www.aoyamahanamohonten.jp/fs/hanamo/c/orchidpot

胡蝶蘭の鉢植えは”和”の雰囲気に特にマッチしますので、居酒屋の開店祝いには特におすすめです。

花の色も様々ですが、白が無難かつ好印象を与える色としておすすめですね。

開店祝いは花だけでなく立札やメッセージカードも重要!そのほかの注意点など

立て札

開店祝いの立札

https://www.alon-alon.org/column/detail37.html

立て札のポイントとしては、「祝開店」という文字は朱書き(しゅがき・赤い文字)で書く事が大切です。

朱書きに関しては、あくまで「祝開店」の部分だけで、店名や人名を朱書きにしないように気を付けましょう。

開店祝いの花はたくさん並べて飾られる事も考えられますので、”誰から送られたものなのか”が一目で分かるように大きく書く事もポイントと言えますね。

 

メッセージカード

直筆のメッセージが書かれたメッセージカードは、贈り先の心に響くものです。

手書きが一番伝わりやすいですが、印刷されたものでも充分なので、メッセージカードを添えて贈ることも頭に置いておきましょう。

 

開店祝いの花を配送する場合は、開店日までに届くかどうか確認する

開店祝いは贈り主が贈り先に持参するのがベストではありますが、スタンド花や鉢植えなどのように、業者を介すものや持ち運びが難しいものもあります。

その場合に配送を利用するわけですが、開店日をきちんと把握し、開店日の午前中に開店祝いの花が届くようにするのが良いでしょう。

スタンド花やフラワーアレンジメントなどは、製作に日数を要するものもありますので、日にちに余裕を持って依頼する事も大切です。

また、開店日は贈り先も多忙な場合が多いですので、配送で贈る事を贈り先に一報しておくとスムーズです。

「赤字」や「火事」を連想させる赤い花は避けるべし!

赤というと”紅白”をイメージし、縁起が良いと考えられがちですが、開店・開業に関しては”赤字”や”火事”を連想させるという事で縁起が悪いものとされています。

フラワーアレンジメントで赤系も取り入れたい場合は、淡いピンクあたりに留めておく事が良いでしょう。

テスト

更新日:

Copyright© 開店祝いにおしゃれな花を贈りたい!相場や喜ばれるメッセージのつけかた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.